夢の世界一周☆地球を笑顔で駆け巡ります♪

by waround-the-world
 
カテゴリ:ラオス( 8 )
 
ラオスなBUSにさようなら
18日目 国境越え    ラオス・バンビエン→ビエンチャン...タイ・ノーンカイ(→バンコク)

とうとうタイに戻る日がやってきた。

私が今回使用しているのは,ワンワールドの世界一周航空券。
最大16フライトで2011年11月購入時点で燃油を入れると44万ちょっと。

一応フライトは指定しているが,
ルート変更を伴わない日付の変更は無料でできるはずだ。
しかし,そこはしぶちか...
変更の手続きに行くのも面倒なら,英語で旨く伝えられるかも不安である。

そんなわけで,結局当初の予定通りのフライトでインドへ赴く。
そのための大移動が今日である。

ラオス最後のご飯,またフランスパン食べちゃった!!
e0242479_1018680.jpg

おまけにバナナを付けてくれたり,前の店よりサービスがいい。
お店のカワイイおばあちゃんと写真を撮ったけど,ばあちゃん横向いちゃった…
e0242479_10191440.jpg


午前中に溜め込んだブログを更新し,
迎えに来たトゥクトゥクに乗り込む。
e0242479_10204318.jpg

本当にラオスもタイも西洋人の観光客ばかり。
一人肩身が狭い感じ?でも気にしない!!

13時半発のバスは14時に来た。
VIP BUSのはずなのに観光バスどころか田舎の温泉のバスみたいのが来た。
まぁ,ラオスだし…仕方ないか…。
e0242479_1022887.jpg

またもや皆西洋人。

予定より1時間遅れでたどり着いたビエンチャン。
ラオスの首都である。
e0242479_1023533.jpg

確かにラオスの他の地域とは全く異なる雰囲気。
しかし,山奥まで行かないと特に面白いところはないとのことなので,
今回は割愛!!

さらに30分遅れてオンボロ温泉バスに乗り込む…
さすがにこっからはせめて観光バスかと思ったのに…
ラオス時間とラオスBUSに西洋人もイライラ&困惑気味(苦笑)
そして国境の街へと進む。
e0242479_1025138.jpg

イミグレーションを抜けてさよならラオス!
また自然と戯れに来よう☆

タイに入ると,ようやくTVで見るようなハデハデバスが待っていた。
e0242479_10304224.jpg

中は2階建ての観光バスにブランケットがついたくらいだけど,
e0242479_10341280.jpg

ご飯のみ無料で食べ放題だった(笑)
e0242479_10351883.jpg

意外な特典がついてくるVIP BUS…

たいして広くないシートだったけど,2シート使えたからラッキー♪
タイもラオスも好きだけど,バスの質と交通事情はタイの勝ち(^^)

というわけで悪路も過ぎたのでおやすみなさい☆
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-09 10:48 | ラオス
 
オススメは裏バンビ
17日目 バンビエン

朝一階におりると,初日の夜に顔を合わせた日本人の兄ちゃんがいた。
兄ちゃんは宿の情報ノートをみていた。
日本人宿やゲストハウスには情報ノートたるものが存在するのは知っていたが,
実際に目にするのはこの宿がはじめてだ。
e0242479_14304652.jpg

旅人の生の声は非常に興味深い。
しかし,情報が古い場合もあるので要注意とのコト!

兄ちゃんの名前はhideさん(27)ってことで誰かさんとカブるんだけど,
バンビエン4回目というから心強い。
昨日はビールばっかりでお腹がすいたので一緒にブランチに行くことに☆

適当に入った店でついに発見!!ラープ!!!
e0242479_14341654.jpg

地球の歩き方『ラオス』の食べ物のページの冒頭にでっかく載っているのに
一度も目にしたことのなかったラープ!!!
めっちゃ食べたがってたユイ姉さんは食べたかな!?
肉はポーク,味はスパイシーをチョイスしたけど,
かなりしぶちか好みでした♪
e0242479_14372380.jpg

お店の人が素敵な笑顔でお見送り☆

昨日私が行こうと思っていたブルーラグーン。
バンビエン通のhideさんもオススメで昨日も行ってきたとか。
ブルーラグーンを含め,
通称『裏バンビ』といわれる田舎の方に連れてってもらえることに!

バイクをレンタルしてガソリンを入れる。
e0242479_14401381.jpg

今日も他力本願で田舎道を駆け抜けるとブタに遭遇。
e0242479_14422314.jpg

そしてブルーラグーン!!
e0242479_14442697.jpg

ルアンパバーンのクァンシーの滝よりちょっとブルーが濃い感じ。
魚がたくさんいたのが感動的!!
e0242479_14463788.jpg

例によってターザンとダイブをしたのは当たり前なので割愛(笑)
昼から夕方までひたすらそこでマッタリ。

バンビエンの街中で過ごすよりも,
裏バンビでゆっくりする方が絶対気持ちいい。

夕日が沈みかける頃,岩山の中腹からサンセットを見れる穴場へ移動。
e0242479_1449082.jpg

山以外に夕日を妨げるものは何もない。
贅沢な時間が過ぎ行く。
e0242479_1451250.jpg

帰り道の空はピンク色。
自然好きにはたまらない裏バンビ。

地元の人たちも帰路につく。
e0242479_14533221.jpg

ラオスの人々は顔つきも日本人に瓜二つ。
性格も温厚で押し付けがましくない。
せわしない東南アジアの他国とは違い,待つことのできる人種だという。
仏教国でもあり,田舎に行けば古きよき時代の日本の面影を感じる。
それほどなじみある国ではなかったが,一気にラオスとの距離が近づいた。

夜はhideさんに屋台に連れて行ってもらい,
ラオスフードをテイクアウト!
e0242479_1456058.jpg

カオ・ニャオ(もち米)を竹に詰めて焼いたものと,
ラープに似た肉と野菜の和え物で8000kip(約80円)!
この値段でかなり旨いし,お腹いっぱいになれるなんて幸せだー!!
やっぱり屋台さいこー!!

そんなラオスとも明日でお別れ。
バンビエン→ビエンチェン/ノンカーイ→バンコク→インドへ進みます!
大移動に備え,ブログをハイペースで更新中!!
次の更新はmaybe…インドにて!

☆おまけ☆
e0242479_14585899.jpg

帰り道で突如暴れだした牛(笑)
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-07 15:00 | ラオス
 
I am crazy girl
16日目 ラオス・バンビエン

今日もラオスはいいお天気。
朝晩は冷え込むけれど,たいてい昼には晴れ上がる。

さて,今日も一人ぼっちなわけだけど,
とりあえず,お腹がすいたので朝ごはんの調達へ。
e0242479_12504916.jpg

ここにきて西洋フードのチョイスか?
と思うかもしれないけれど,
ラオスはフランス領だった時代があるらしく,
至る所で屋台を見かける,ローカルフードの一つだ。
ルアンパバーンでもゆい姉さんにわけてもらって
フランスパンのサンドイッチを少し食べたけど,このパンが激うま!!
今朝は奮発してボリューム満点のやつ食べちゃった♪
e0242479_12531375.jpg

↑25000Kip(約250円)
それにしてもラオスはタイに比べると食べ物の物価が高いなぁ。

宿の一階に誰か日本人いないかなーと思ってみてみたけど,
残念ながらみつけられず…
メインストリートには食べ物屋やマッサージ屋くらいしかない街だから
ネットで検索して,少し離れたブルーラグーンを見に行くことに。

宿でもらったmapには7キロと書いていたから,
暇だし,この際歩いて行ってしまえ!!!
と思ってタラタラと歩き出す。
メインストリートから外れ,川沿いを進むと美しい風景が見えてきた。
e0242479_12562025.jpg

川を渡り,先にすすめば,
メインストリートの喧騒が嘘のような別世界。
前を歩くのも日本人かも!と思ったけど,
一人でとぼとぼ歩きたい気分の景色。
e0242479_12584267.jpg


分かれ道に行き当たり,そこで2人組の西洋人と会話をした。
右に行けばCAVE(洞窟),左に行けばラグーンということを確認。
いずれも徒歩ではかなりの時間を要するからと,
西洋人に忠告されたが,私はラグーンを目指して進むことに。
砂埃舞う道をひたすらに進む。
e0242479_1324389.jpg

しばらく歩いたところで後ろから声がかかった。

さっきの西洋人のうちの一人がラグーンまで乗せていってくれるという。
というわけで,さっそくバイクの後ろに乗せてもらってバイクツアー決行!!

カオサンでもはじめに仲良くなったのはイスラエル人のおっさんだたけど,
バンビエンで友達になったのはドイツ人のトト(45)…
日本でも日ごろからアラフォーのおっさんたちと飲んでいたせいかな…
おっさんとは打ち解けやすい(苦笑)

Kawasakiのバイクにまたがり,先へ進む。
e0242479_135094.jpg

私の片言の英語と,スラスラ話せるものの第二言語であるはずのトトの英語。
悪路を走りながら会話する。
名前や出身地などありきたりの会話のあとに,
『7キロも先だと書いてあるのに一人で歩いていこうとするなんて…
君はクレイジーガールだ!!』
トトが笑う。
地図には7キロとあったが,バイクでも結構遠かった。
もしかしたら,トトと話した分かれ道から7キロってことだったのかな??

『学校は卒業したの?』と聞かれ,
『あたりまえじゃん,28だよ!』と言ったら
トトがびっくりしていた。
『22くらいかと思った!』うれしいことを言う。
まぁ,西洋人から見たら,たいていの東洋人は若く見られるだろうね(笑)

カオサンで一緒にラーメンを食べたタイ人のかわいい女の子(23)にも
『マジで?28?みえなーい!!』みたいなリアクションをされたのを思い出す。
性格も良さそうで,あの子はchikaって人懐っこく呼んでくれたのに,
こちらはタイ人の名前をなかなか覚えられないので申し訳なく思った。

さて,無事ブルーラグーンに着いたのだが,
自然のラグーンであるのに対し,お金を払えと地元民が言う。
私は払ってでも見たかったが,トトが嫌がるので,
(お金を払いたがらない長期旅行者は結構いるようだ…)
予定変更!村を見に行くことにした。

制服姿のたくさんの子どもたち。
e0242479_1371232.jpg

バイクが止まるとめずらしそうに近づいてきた。

その後,来た道を戻ると,歩き始めに私の前を歩いていたお兄さんに会った。
やっぱり日本人だった。
どうやら興奮している(笑)
『このCAVEめっちゃすごいっすよ!!!』
トトがお金を払いたがらないと言うと,英語で
『これはお金払ってでもみるべきっすよ!!』と言ってくれたけど,
トトの頭は固い。そんなところはドイツ人っぽいかも(笑)

そんなわけで,勇敢な私は一人でCAVEを見に行くことに。
タイミング悪くカメラの充電が切れてしまったので,
トトにカメラを借りていく。

CAVEの前でガイドが暇そうに待っている。
e0242479_1310649.jpg

頭につけるライトみたいなのを渡され,いざ探検!!
洞窟の中は真っ暗。ライトなしには進めない。

なぜか洞窟の中にブッダがいた。
e0242479_13112320.jpg

垂れ下がる鍾乳洞。
e0242479_13124187.jpg

叩く場所によって音が異なり,楽器のように鳴り響く。
e0242479_13143489.jpg

後半はめちゃめちゃ狭い穴を這いつくばってくぐらされた。
e0242479_13155256.jpg

普通の女の子は行かないのかな?
私がOK!OK!進むよ~!
というとガイドもうれしそう☆
クレイジーガールで結構♪冒険を楽しみましょう!

すっかり泥だらけになって,
ルアンパバーンで買ったばかりのバックも擦り切れ,
元の場所に帰るとトトが昼寝をして待っていてくれた。

洞窟の様子と,這いつくばって穴をくぐった話をすると,
予想通りクレイジーガールと言われた(笑)
ほめ言葉と受け取ろう♪

その後は,静かで美しい川べりでビアラオで乾杯!
e0242479_13174716.jpg

e0242479_13185229.jpg

その後は,トトの友達アンジーも合流して,再び酒盛り。
旅人の友情に国境はない。

徐々に日は傾き,気球が飛ぶ。
e0242479_13203525.jpg

最高のサンセットも見た。
e0242479_13213450.jpg

本当のバンビエンの良さを見た気がした。
写真には残せなかったけど,満天の星空をみんなにも見せたい。
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-07 13:28 | ラオス
 
旅立ちの朝
15日目 ラオス・ルアンパバーン→バンビエン

ルアンパバーンといえば!托鉢!!

が有名ですが,実は最終日の今日までちゃんと見てなかった!!
ってことで,飲んだ翌日にもかかわらず5時半起き☆
早すぎかと思いきや,ローカルの人はこんな時間から待っている。。。
e0242479_9354018.jpg

ルアンパバーンで一番大きいらしいお寺の横で待つことしばし。
e0242479_937263.jpg

本格的な托鉢は結局7時くらいからスタート!
e0242479_9445957.jpg

e0242479_9544994.jpg


そして,心を清めたあと…
大急ぎでバックパックにパッキング。

いよいよ約10日間一緒に旅したゆい姉とサナエ嬢とお別れの時…。
まずはラオスの北へ向かうゆい姉を送り出す。
今日は昨日のナイトマーケットで買ったおそろいのパンツをはき,
お互いに交換したハッピーミサンガを足に巻いての門出。
e0242479_103075.jpg

カオサン以来の付き合いのゆい姉。
年下だけど頼りになる姉御がいなくなるのは不安だよぅ!
e0242479_10103888.jpg

またもやあいのり的バイバイが心に染みる。

離れていても一緒だよ。
姉さんとサナエ嬢とヴィヴィアンとおそろいのハートのお守りも腰に従えて,
旅立ちの時を待つ。
e0242479_10125681.jpg

超親切で人柄の良い宿のオーナー(28)ともツーショット☆
e0242479_10151181.jpg

なかなかの天然っぷりを発揮していつも笑いをくれたサナエ嬢ともいよいよお別れ。
e0242479_10222765.jpg

次の国でも『かっこいい』と『かわいい』の現地語をいち早くマスターして
イケメンハントがんばってね(笑)
バンビエンの宿探してくれてありがとう!(ザ・他力本願!健在…)

バンビエンにはMINI BUSで7時間かけて進む。
バスターミナルで荷物を詰め込まれ,その詰め方に唖然…
e0242479_10261814.jpg

さすがはラオスである。
乗り込むのが最後だったため,まさかの助手席に乗車。
e0242479_1029162.jpg

助手席は広いから何気にラッキーだったかも☆
ポーランド人のおばちゃんとは少し話したけど,
道中ほぼ暇だったのでipod&お昼寝タイム。
e0242479_10311657.jpg

昨日買ったipodケースいいでしょ♪

舗装もされていない山道をひた走る。
途中,休憩に何度か食堂や商店に立ち寄るが,
立ち寄るたびに運転手が優遇されてご飯を食べるのに驚き。

先日のVIP BUSが酷かったから覚悟していたけど,
ラオスの道の悪さはさておき,景色はなかなかよかったし,
7時間程度の移動ならMINI BUS楽しかった♪
e0242479_10341812.jpg

車窓から雄大な自然を満喫。
e0242479_10365165.jpg

途中にはたくさんの村々が。

崖っぷちのカーブをいくつも乗り越えてたどり着いたバンビエン。
e0242479_1054963.jpg

第一印象は沈没しそうな街。
欧米化され,観光化された遊ぶための街。
ちょっとカオサンに似ているけど,
ラオス人の性格ゆえか店側のやる気は薄い。
しかし,このとき私はまだ本当のバンビエンを知らなかった。。。

到着したばかりだが,日本人を数人みかけた。
朝に宿を出る直前にサナエ嬢がリサーチしてくれた
日本人に人気の宿に来てみたおかげかもしれない。
そのうちの1人に声をかけてみたが,
明日宿を出てしまうそう。。。
ちょっと残念に思いながら,
オススメのお店を聞いて,今日はたぶんはじめての一人夕飯。

オススメのお店が韓国料理店。
このところローカルフードばかり食べていたので,
それもありかなーと思って行ってみた☆
(仙台のみんなもそろそろ韓国行く頃だよな~と思いながら!)
e0242479_10564351.jpg

かなり辛めのチゲだったけど,おいしかったし,
韓国人も一人で店に来てビールまで頼む日本人の子に親切だった(笑)

昨日までの3人旅を懐かしく思いながら,
ちょっと停滞していたブログ更新に時間を割く。

1泊30000kip(約300円)に不満はない。
e0242479_10585925.jpg

日本ならクレームになるであろう粗末な仕上げの天井。
e0242479_1122523.jpg

完璧を求めるのは日本独特の文化である。
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-07 11:08 | ラオス
 
ラオス的おかまちゃん
14日目 ラオス・ルアンパバーン

食べ物の写真多いけど,今日も朝一屋台めぐり。
鶏カラ食いたーい!!
e0242479_2291521.jpg

って特に確認もせずに揚げ物を買ったら,中身がバナナだった…(笑)
野菜不足なので,野菜炒めも完食!
e0242479_22121041.jpg

食後は,旅人っぽく街を放浪してみた♪
e0242479_22151020.jpg

森を抜けると蓮のお池があーってさ!!
e0242479_22182918.jpg

と思えば,大通りは南国リゾートかと思うような風景。
e0242479_22212044.jpg

夢を見た訳でも,道に迷った訳でもありません。

ゲストハウスに戻るとジンが1階にいた。
ルアンパバーンでのお兄ちゃん(おっぱー)役の彼は,
今日のミニバンでバンビエンへ向かうというので,お別れの一枚。
e0242479_2222307.jpg

といっても,私の次の目的地もバンビエン。
明日のチケットを購入して,バンビエンで会おうと告げる。

そういえば,ラオ・ラーオで酒盛りした日,
韓流ドラマの話になって『IRIS』のロケ地が秋田だって話になった!
まさか韓国の人が秋田知ってると思わなかったから,うれしかったな☆
ちなみにラオス?での仙台の知名度は五分五分。
ニュース見てる人ならTUNAMIって言われる。
やはり東京・大阪・京都・北海道ですな。広島も有名かも。

そんなわけで,旅人を送り出して,
私たちはネットタイム&旅の日程調整及びリサーチタイム。
だらだらネットをしていると,
優しいオーナーが自らの昼食に誘ってくれた!!
e0242479_2227498.jpg

ラオスの家庭料理が食べれるなんて!!
カオ・ニャオ(もち米)を右手でにぎっておかずと一緒に食べる。
ちなみに魚のすり身のやつすごくおいしかった!!
オーナーがタメだということも判明(笑)
後日写真UPするけど,落ち着きすぎ!でもすごくいい人!大感謝!

夕方暇つぶしに街をぷらぷらしていると…
アキユキ(後輩)がいて,びっくりしてジッと見ちゃったら
片言で『コンニチワ~』って言われてマジ本人かと思った!!
あいさつして一度通り過ぎたけど,こりゃ撮らなきゃって思って,
思わず道を折り返して写真撮らせてもらった…(笑)
e0242479_22313456.jpg

絶対変な日本人だと思われただろうな…でもアキユキだよね???

そして,ルアンパバーン最後の夜,Best of Laos foodとの出会い!!
e0242479_22341173.jpg

I love カオ・ソーイ!!!!!
ラオス風坦々麺?なのかなぁ?とりあえずめっちゃ日本人好みの味!
タイのカオ・ソーイとは全くの別物。
しぶちかのカオ・ソーイの好みは『ラオス better than タイ』☆
ぜひご賞味あれ!!

そしてルアンパバーンでの買い物もナイトマーケットで追い込み!
宿で会って今夜飲む約束をしていた日本人のダイキ君との約束の時間…
気づいたら過ぎてた…ごめんなさい…っていう。。。

で,あわててBeerlaoを買いこんで,ゲストハウスで酒盛り♪
ワーホリでオーストラリアで働いて月40万も稼いでるっていう
ダイキ君(20)の話にみんなで食いつきまくり!!
20代の特権使うべきだよね…ワーホリしたーい!!!!!

いろいろ割愛するけど,
最終的にダイキ君はこの夜,(なぜかカオ・ソーイ屋で)
ラオスのオカマちゃんと写真を撮るハメに(笑)
e0242479_2237985.jpg

一瞬先は闇。
何が起こるかわかんないね(笑)
e0242479_22391376.jpg

爆笑の夜でした♪(ラオスにもいるのね,オカマちゃんメッチャいいキャラw)
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-06 22:41 | ラオス
 
世界をチャリンコで駆け巡ります☆
13日目 ラオス・ルアンパバーン

朝一,おかゆで腹ごしらえ。揚げパンを添えて食べるというからびっくり。
e0242479_011348.jpg

癒される味付けに気分もほっこり☆

さて今日は(またもや?)滝めぐり!!
しかもタイで入ったゾウのウ○チが流れてるようなとこじゃなくて,
めっちゃキレイな滝を求めて!
なんと…
片道約35キロの山道をチャリで往復することに(汗)
e0242479_0164832.jpg

e0242479_0184934.jpg

途中でモン族の村を見つけて立ち寄ることしばし。
e0242479_162036.jpg

e0242479_1175629.jpg

e0242479_1245080.jpg

約300人の住民が住んでいるとのことだが,子どもの多さにびっくり。

e0242479_201216.jpg

ラオスの田舎道で自転車を漕ぎながら,
みんなが働いているであろう時間にここにいる自分を顧みて
恵まれた人生を満喫していることに感謝する。

後半はもの想う余裕もなく,筋肉の疲労にひたすら耐えていたけれど…

その疲労を吹き飛ばすほどのクァンシ~の滝!!
e0242479_039250.jpg

(ジンさん撮影☆アメージング!!)

そして,欧米人に混ざってターザンダイブ!!
e0242479_0403541.jpg

ゆい姉さんと一緒に滝からジャンプする5秒前(笑)
e0242479_042349.jpg

(後日,ジャンプ中の写真UP予定!ゆい姉送ってね♪)
とにかく最強に楽しい時間を満喫!!!

チャリで3時間もかかったけど,本当にきてよかったと思える場所♪
下手なアトラクションより絶対楽しいよ!!

こんなときは特に一人じゃなくてよかったと,
一緒にはしゃげる仲間がいてよかったと心から思う。

一緒にダイブしてくれるゆい姉,
一緒に滝に入って防水カメラで撮影してくれるサナエ嬢,
お父さんみたいに貴重品を預かってくれるジン(笑)

もうすぐみんなとお別れしなければいけないのが,内心不安なしぶちか…
新たな友達探さなくっちゃ!!

日も傾きかけた帰り道。
牛に出会う。
e0242479_048997.jpg

疲労が半端ないので心配していたけど,
行きよりも少し楽で,少しだけ早くゲストハウスに着いた。

そこへフエーサイのカフェで出会ったヴィヴィアンちゃん登場!
e0242479_1283960.jpg

アジア人の観光客が本当に少ない中,再会できてホントによかった☆
Facebookとかwi-fiの発達のおかげで旅行者同士の連絡が成り立つ昨今。

ちなみにヴィヴィアンは英語が堪能でマジ尊敬!!
一緒に行ったマッサージのお店で,地元民に人気の食堂を聞いてくれたおかげで
おいしいローカルフードにありつけた!!
e0242479_1493630.jpg

(ピンボケ,ごめん)めちゃ旨フライドライス♪

値切りも上手なヴィヴィアンも一緒に
ナイトマーケットでもみんなでわいわい買い物できて楽しかったー♪

明日も楽しい日でありますように(^^)
初めての蚊帳,4人部屋でおやすみなさい☆
e0242479_3471948.jpg

[PR]
by waround-the-world | 2011-12-05 02:02 | ラオス
 
恐るべしラオスBUS
12日目 ラオス・ルアンパバーン

つ…疲れた。
ラオスのVIP BUS最強(苦笑)

ごくごく普通の観光バスがVIP BUSとして待っていたときもびっくりだったけど,
出発後に運転手が(おそらく独断で)地元民を乗せる乗せる…
街頭もない真っ暗な道端で何度STOP&STARTを繰り返したことだろう…
日本で補助席がある位置にプラスチックのイスを担いでセッティングし始めた時には
唖然とするしかなかった(笑)
e0242479_14472355.jpg

トイレ休憩ではそのプラスチックのイスの上をみんながゆく。。。
e0242479_1453412.jpg

勇敢な早苗嬢も然り(笑)
体重過多な欧米のおばちゃんの重さに耐え切れず,
しぶちかの真横のプラスチックイスが破損しておばちゃんが落下したときには
本当に焦った!!!
珍道中とはまさにことのこと…。

ラオスのバスには気をつけましょう(笑)

無事に着いた世界遺産の街ルアンパバーンで,早速の朝食。
e0242479_14575247.jpg

フォーだと思ったらフゥーだと教えられた。

ゲストハウスの近くをまったり散策していると
ナムカン川で遊ぶ子供たちを発見☆
e0242479_1525431.jpg

e0242479_9395390.jpg

e0242479_1091927.jpg

笑顔いっぱい。
子どもたちはむじゃきで本当にかわいい。

早苗嬢とバスで隣の席だった韓国人のジンさん(33)も同じゲストハウスに。
e0242479_10194230.jpg

東南アジアを周っても西洋人ばかりにしか会っていなかったようで,
夕方一緒にプーシーという小高い丘にある寺院へ行くことを約束☆
いろんな人種の人と話す機会ができるというのも旅の魅力の一つ。

プーシーから見るサンセット。
e0242479_10142384.jpg

e0242479_10403058.jpg

フィレンツェに似た色の屋根が並ぶ世界遺産の街・ルアンパバーンを見下ろす。
e0242479_1043040.jpg


そこで出会った勉強熱心な子どもたち。
観光客相手に英語を勉強している女の子たち。
e0242479_1039232.jpg

フー君(右)とそのいとこ。
e0242479_10243413.jpg

プーシーに毎日来て日本人を見かけては話しかけて勉強しているそう。
本当に熱心で,ナイトマーケットも案内してくれた。
一番日本語の上手なイェン君とおばあちゃん。
e0242479_10292427.jpg

ルアンパバーンのナイトマーケットは,
タイのマーケットの喧騒とは裏腹に落ち着いていて商品も上質で上品。
私たちはこのマーケットをすごく気に入った。

子どもたちオススメのカオピャクセン。
e0242479_1532173.jpg

おいしかった☆

その後はゲストハウスで酒盛り!!!!!
ラオ・ラーオというラオスの焼酎と
懐かしのカオサンの味?ウイスキー・ソーダ・コーラで乾杯☆
e0242479_10322789.jpg

焼酎があんまり得意でないしぶちかも調子にのって飲んじゃった♪
フルーティーな味わいにだまされたー(笑)
久しぶりに酔っ払って爆睡…
e0242479_10364118.jpg

私以上に飲んでいたジンさんは二日酔いに悩まさせること間違いなし。
恐るべしラオ・ラーオを知った夜。
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-03 15:34 | ラオス
 
メコン越え
11日目 国境越え    タイ・チェンラーイ→チェンコーン…ラオス・フエーサイ→ルアンパバーン

いよいよ,国境越えの日が来た。
e0242479_9503787.jpg

荷物を背負ったしぶちかはこんな感じ。
一周の期間が短いせいか,旅が始まって間もないせいか,
同行している2人よりも荷物は少なめである。

荷物といえば,出発日のバタバタ事件。
本当はもっと小さい荷物で行きたくて,
前から持ってたバックパックで行こうと思って,パッキングしてた当日。
あまりにもパツパツになった荷物を見て,不安が頭をよぎる。
やっぱもうひとまわり大きいバックパックの方がいいかも…!!
そんなわけで,なんと当日の昼間にお母さんに車を出してもらって
御所野の石井スポーツへダッシュ…
店員のお兄さんに4ヶ月も行くならと42リットルを勧められる。
時間がないので勧められるがままに買ったこのバックパックも
出発からわずか2週間でいい感じに汚れてきて,愛着もわいてきた(笑)

でもずっと背負ってると重いから,移動日はやっぱり辛い。

その重さを双肩に,
まずはチェンラーイから国境の町であるチェンコーンまで!
60バーツ(約150円)のローカルバスで2時間かけて移動である。
e0242479_9562885.jpg


車窓からなかなか味のある田舎の風景を眺め,
土ぼこりの舞う風を感じ,
心地よい時間の中で,しばし自分を見つめてみる。
e0242479_10163319.jpg


昨日の夜,最後のLEOを飲んでいるときのこと。
北海道でゲストハウスを開きたいと言った姉さん。
みんなで開こうよ!と話に花が咲く。
私がゲストハウスを設計して,元出版社勤務の早苗ちゃんがPR本を出す。
昨日は,『旅先での夢広がる話』くらいにしか思ってなかったけど,
悪くない夢だなと,ふとガタガタの道の中で思い出した。

海外ではこれだけゲストハウスが普及していて,
格安で快適に泊まれる宿がこんなにもたくさんあるのに,
日本ではあまりメジャーではない現状。

格安でクリーンな部屋,抜群においしいパンが毎朝無料,
もちろんWIFIは無料で,なおかつ宿の雰囲気やオーナーも親切。
そんな宿があったら旅人はついつい長居をしてしまうはず…

そして,ゲストハウスは出会いの場所でもある。
唯一無二の旅に更なる一期一会を与えるゲストハウス。
それを笑顔でサポートするオーナーになれたらどんなに楽しいかな。

でも現実には資金もいるし,
日本でゲストハウスを成功させられる土地は限られてるし。
なーんて悩んでみたり。

ゲストハウス専門の設計士なんて聞いたことないしなー。
仕事も少ないだろうなー。
やるとしたら老後の娯楽か…とかね。

そんな夢をみながらたどり着いたチェンラーイ。
ラオスとの国境の街である。
e0242479_10202751.jpg

ここから船でラオスに渡る。
いよいよタイともお別れ。

一人ぼっちでタイに入国した朝を思い出す。
イミグレーションのお兄さんがあまりにも無愛想で,
(サイパンでのふざけた入国が懐かしい,笑)
ここは本当に微笑みの国かと疑ったのが嘘のように,
今は大好きになったタイ。

思い出いっぱいのタイを背に,ラオスへの期待をふくらませて
初めての船での入国☆
e0242479_10333133.jpg

メコン川を渡ってしまったよ♪

17:00のバスで世界遺産のルアンパバーンという街に向かうため
ラオス側の国境の街・フエーサイでつかの間の観光。
e0242479_1049212.jpg


そこで出会った台湾出身のビビアンちゃん(24)とは
後日また再会することに…。
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-03 11:03 | ラオス


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
おすすめ旅ブログ
世界一周ブログ
☆ランキング参加中☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑よくわからないけど,登録してみたので!!
一日一回ポチっとな☆
ってよくあるやつ,よろしくお願いしますね(^^)



旅友ブログ

バンコクのカオサンでまぁぼぅに紹介してもらった破天荒な美人キックボクサー!正木純子選手のブログ
『バックパッカー格闘家正木純子の次はどこ行く?』

バンコクで沈没しかけていたしぶちかをチェンマイへと導いてくれた救世主!?ユイ姉さんのブログ
『そらゆけ道産子 世界一周』

エジプトのダハブで出会った,旅人の大先輩!年末年始のパーティーから何からお世話になったみんなのとりまとめ役:ターミーさんのブログ
『タビトバ』

同じくエジプトのダハブで出会った旅人の大先輩!アラフォーとは思えない若さの料理長!カズさんのブログ
『世界ウォーカー カズの世界一周旅行記』
『世界ウォーカー カズの世界一周旅行記(アメブロ編)』

同じくエジプトのダハブで出会った旅人の大先輩!桑田のファンクラブに入っているというホリケン似のヨシさんのブログ
『世界のどこかで何か叫ぶ…かもしれない。』

同じくエジプトのダハブで絶品のから揚げを作ってくれた料理担当!油を使った料理が大得意の通称:油谷さんのブログ
『亀散歩-ケイタの世界放浪紀』

ボリビアのラパス&ウユニを一緒に周ったスペイン語を操る永遠の少年!タカさんのブログ
『人生色々。オレモイロイロ。』

ブエノスの宿での旦那さんの女装が初めての出会い!?パタゴニアを一緒に旅した村岡夫妻のブログ
『夫婦で世界一周!ワールドホッパー!』
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク