夢の世界一周☆地球を笑顔で駆け巡ります♪

by waround-the-world
 
カテゴリ:ヨルダン( 5 )
 
砂漠で過ごす夜☆
40日目 ヨルダン・ペトラ→ワディ・ラム

今日は砂漠でキャンプをする。
大介先輩が教えてくれた業者・ジダンが地球の歩き方にも載っていたので,
ホテル経由のツアーでなく,前日に直接メールをして手配してみた。

ホテルから同じ宿の中国人の子とタクシーをあいのりして,
ワディ・ムサのビジターセンターへ行き,チケットを購入。
2日前に宿で会ったヨーコさんとバッタリ遭遇してテンションアップ☆
e0242479_21352267.jpg


ジダンの名を言うとセンターの人が家まで連れて行ってくれた。
ジダンの事務所兼家には何人か人がいたが,
実は砂漠から朝帰ってきた人たちのようだ…
到着が一足遅かった(T T)

一人ツアーだと団体の2倍くらいの値段がするから,
他のグループを待ったほうがいいとジダンにアドバイスをもらった。
ネット使っていいよ!!とめちゃ親切だったので,
ここぞとばかりにブログを更新して時間をつぶす。

田舎の村のわりにLANのスピードが速い。
ジダンのビジネスがうまく行っていることを予感させる(笑)

ジダンの従兄弟が地球の歩き方に載っているとのことで,
本を持って本人が記念撮影♪
e0242479_2215416.jpg

なかなか他のグループが来ないので,
小さい村を歩いてみることに。
と思ったけど,30分もかからずに一周(苦笑)
ジダンの事務所の清潔感とは裏腹に,貧しさを感じる光景だった。

ついに他のグループが来てキャンプに行ける事に!!
と思ったら全員がイタリア人っていう(苦笑)
英語以上にちんぷんかんぷんだけど,みんなフレンドリーで優しかったからOK!
e0242479_2137529.jpg

砂漠をトヨタが爆走する。

砂漠の山を登るのは超疲れた!!!
e0242479_21392241.jpg

イタリア人のみんなと一緒に記念撮影♪
e0242479_2142362.jpg

夕陽もきれいだったな☆
e0242479_21433770.jpg

運転手さんにはまた被り物巻いてもらった(笑)
e0242479_21452739.jpg


そしてキャンプにたどり着くとジダンがお出迎え。
e0242479_21485353.jpg

楽器も奏でてくれた!
夕飯のチキンは土の中で調理したらしいベドウィン料理☆
e0242479_2153429.jpg

私はやっぱり,アラビック料理よりもベドウィン料理のが好き♪
e0242479_21515182.jpg

夜空には満天の星!!!
ちょっと曇りがちだったけど,星座がしっかり見えるなんて!!!
e0242479_2219328.jpg

砂漠の真ん中でみんなでご飯をたべて,大きなテントで雑魚寝して…
こんな体験できるなんて…なんて贅沢なんだー!!!(^^)

でも疲れて爆睡だった砂漠の夜(笑)

てなわけで!みなさん今年も一年お世話になりました!!!
また来年もよろしく!&よいお年を!!!!!
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-31 21:56 | ヨルダン
 
古のロマン…ペトラ漬けな日
39日目 ヨルダン・ペトラ

ペトラ2日目なので,ゆっくりネットをしてから出発。
今日も晴天なことに感謝!
e0242479_20423159.jpg


昨日はメインのルートを進んだので,
今日はちょっとメインロードをそれてみる予定。
余裕があるので子どもや動物にもカメラを向けてみる。
e0242479_20451160.jpg

e0242479_2048356.jpg


またもや急な坂道を登ること1時間…広大な自然を高い位置から眺める。
e0242479_2050357.jpg

ベドウィンの女性が吹く笛の音がこだまする。
e0242479_20531897.jpg


メインを外れたところにもしっかりと形の残る建物がある。
e0242479_2056213.jpg

2日目でも新たな発見ばかりで驚く一方,2日連続のハードなハイキングに体が悲鳴(苦笑)
ゆっくり,ゆっくりと歩みを進める。
ペトラ観光は体力がカギ!!
そして方向感覚も大事かも…?ぼーっとしてたら道に迷って,ガイドの兄ちゃんに助けられた(笑)
e0242479_20585177.jpg

サンキュー!
e0242479_2114022.jpg

数千年もの昔に既にこの土地に文化があったことを確かに感じられる跡を見るたび,
古へとロマンを馳せた2日目。

疲れきった体を生絞りオレンジジュースで何とか回復した後,
e0242479_214129.jpg

今日は週3回行われている『ペトラ・バイ・ナイト』(夜のイベント)もあるので一旦帰宅。

小さなペトラの街をつかの間散策する。
生きた鶏を売っている店を思わず撮影…
e0242479_217935.jpg

現地の人でにぎわうパン屋に紛れ込み,明日の朝ごはんを購入♪
e0242479_2193527.jpg

こちらも現地の人ばかりが来ていたファラフェル屋さん!
e0242479_2111512.jpg

外国人がめったに来ないのか,welcomeと言って3回も試食させてくれた(笑)
地元民とのからみは楽しい☆

その後,明日のキャンプ(砂漠でキャンプをします!)の予約をして,
8時からいよいよ夜のペトラへ!!

と思ったらロビーで日本人の女の人に遭遇!!!
昨日も夜に関西弁のヨーコさんて人に会ったけど,
一足早くキャンプに行ってしまったので…またニューフェイスに会えてラッキー!
ナオコさんもちょうどペトラに行くところだったので一緒に歩くことに☆

e0242479_21142598.jpg

道に置かれた行灯のあかりを頼りに遺跡内部を歩いていたら,
ナオコさんが今日同じバスだったという人たちに遭遇。
真っ暗だったからはじめ気づかなかったけど,
よく見たらエルサレムで宿の場所とATM教えてくれた人じゃん!!(笑)
ヨルダン・イスラエルの日本人社会の狭さにびっくり(笑)

と,いうわけですが!!一同感動の夜のエル・ハズネ!!!
e0242479_21172742.jpg

昼とは全く違う表情に,また新たな魅力を感じる。
ベドウィンたちの奏でる楽器のメロディーをバックに見上げる夜空も最高!
こりゃ明日の砂漠,期待できちゃうな!!
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-29 21:18 | ヨルダン
 
予定外のベドウィンツアー!
38日目 ヨルダン・アンマン→ペトラ

朝6時,まだ日が出る前に宿を出る。
宿の前で泊まっていたタクシーの運ちゃんをたたき起こしてバス会社へ。
眠っていたところを起こしたんだから多く払え。とふっかけてくる運ちゃん。
半ギレで対抗して朝からケンカ…
親切な人が多い一方で,意外とヨルダンも旅行者には割り増し請求が多い。

バス会社でペトラ行きのチケットを購入。
近くの屋台で,朝食用のパンとコーヒーをGETしてバスに飛び乗る。
e0242479_1514295.jpg

カークと呼ばれる固めのパンにチーズと卵をサンドしたヨルダンの朝食の定番は美味!!
しかしコーヒーは何の粉入れたんですか???ってな味でもう買うことはないな…(苦笑)

朝焼けや景色を見ながら,バスに揺られること3時間半。
e0242479_1553323.jpg

ペトラの街並みもまた美しい。
ヨルダンは丘陵地が多いのだと言うことに今更のように気付く。

宿決めは手こずって,一度決めた宿をキャンセルするという荒行を演技を交えて実行。
なんとか落ち着ける宿を見つけられたが,観光地だからかアンマンよりさらに高い。。。

しかし,その上を行くのがペトラ遺跡の入場券!!
なんとディズニーランド並みの値段…さすがインディージョーンズの舞台(苦笑)
1Dayで50JD(約6000円),2Dayで55JD(約6600円),3Dayで60JDとのこと。
1日だけの旅行者も多いようだけど,貧乏根性が働いて?2Dayをチョイス。
もとを取れるようにしっかり見よう(笑)

それにしても晴れてよかった!!
そして遺跡も本当に雄大ですごい!!
e0242479_202313.jpg

適当に写真を撮っても,青い快晴の空に岩肌の色が映える!
e0242479_251716.jpg

子どもたちの真似をして穴の中にも入ってみたり。
e0242479_292782.jpg

今日は一人だけど,ここは一人でも十分に楽しめる!!!
逆に自分のペースで歩けるから,たまにはこういうのもいいかも☆

入口から約1時間ほど歩いて,ついにエル・ハズネへ!
e0242479_213482.jpg

この場所こそインディージョンの舞台である。
この大きさ!写真でお分かりいただけるだろうか…
e0242479_2163350.jpg

さらにおっちゃんと記念撮影。
e0242479_2202249.jpg

大満足だが,ここで終わりだと思ったら甘い。

ローマ円形劇場を左手に確認し,
e0242479_2241435.jpg

さらに30分ほど,雄大な遺跡を眺めながら進むと分岐点に至る。
そこからはまさかの階段状の山道を約1時間も進むことに。
e0242479_228113.jpg

元陸上部の脚力を持ってしてでもかなりしんどいと教えてくれた大介先輩の言葉がよみがえる。
中にはロバを使う人もいたが,ロバは帰りに取っておく。

息切れしそうになるほど登った末に見たのは,
エル・ハズネよりもさらに大きいモナストリー(修道院跡)
e0242479_2313088.jpg

疲れたけど,言葉にできない達成感が心を満たす。
さらにもうひとふんばりして,全景を見渡す。
e0242479_2352672.jpg

その偉大さに感動せずにはいられない。
反対側の景色も雄大だ。
e0242479_2384695.jpg


しかし,そろそろ戻らなくては2時間半もかかる帰り道…真っ暗になってしまう。
意を決して下山することに。
ロバを使うつもりではいたが,なぜか下っていくロバが少なく,
結局分岐点あたりまで自分の足で降りてしまった。

そこでトイレを聞いたお兄ちゃんがロバを持っていたので,交渉して安く乗せてもらうことに!
e0242479_2435565.jpg

兄ちゃんも友達のロバに乗って併走!
携帯でボブマリーの音楽を流して持たされる(笑)なかなかいい感じ♪
e0242479_1442328.jpg

ロバなんてなかなか乗る機会もないし,楽しい!!乗ってよかった☆

そんなわけで,その辺で降りても十分満足だったけど,
サンセットがキレイに見えるとこあるよ!って言われたら見に行っちゃうよね!?
e0242479_148279.jpg

写真では表現できない,ここロバ登れんの!?というような危険な道を進むと,
マニアックな観光客が2組ほどいただろうか…というような岩の山頂へ。
ベドウィンのおっさんたちがベドウィンティーを振舞ってくれる。
e0242479_14113019.jpg

他の観光客がNo Thank you.と断る中,インドのチャイが恋しかった私は
ここぞとばかりにベドウィンティーを頂く☆
ミルクなしのチャイみたい(というか甘い紅茶)でおいしいし,疲れが少し癒える。

サンセットまでの間にアリ(18)が案内してくれたのは,
なんと日中に見たエル・ハドネを上から眺められるという贅沢なポイント!
e0242479_1414135.jpg

この子たちについてきてよかった!!
帰り道に,インドでCKからもらったストールをベドウィン風に頭に巻((笑)
e0242479_14162244.jpg

(かんなさん,また被り物でごめん!笑)
お茶をごちそうになった場所に帰ると,今度はチキンとホブスを用意してくれていた!
e0242479_14201332.jpg

山肌で格別の夕陽を眺めながら食べるベドウィン料理。
そのシンプルな味付けは,アンマンで食べるアラビック料理の100倍私好みだった!
ベドウィン最高!!

さて,そろそろ帰りますか…と思ったら,
なぜかベドウィンの村に行くことに。。。
あーこの展開…なんかインドに似てる…
e0242479_14214530.jpg

急な道を徒歩で下って,そこからはまたロバにまたがる。
e0242479_142369.jpg

げ!ワディ・ムーサからあんなに離れちゃったの!???
遠くに見える街の明かりに美しさと不安を感じたが,もう後戻りはできない(苦笑)

しかし,そんな不安もぶっ飛ぶような美しい夜空☆
e0242479_1424389.jpg


ちなみに,村までつれて来てくれたオマルと友達のおっさんの話だと,
ベドウィンの村には日本人女性が一人住んでいるらしい!
e0242479_14245330.jpg

どこの国にも嫁ぐ人はいるんだなぁ。

そして家庭訪問開始…(国によらず田舎はどこもこんな感じなのかな,笑)
友達の家でベドウィンティーをごちそうになり,
e0242479_14255416.jpg

アリの家でももう一杯…写真は兄弟たち
e0242479_14271867.jpg

そして最後に行ったオマルの家は豪邸だった!まだ幼い妹と一枚☆
e0242479_14285924.jpg

ちなみにオマルは9人兄弟らしい…

そうこうしているうちに,あたりはもう真っ暗。
こっからロバでワディ・ムーサまで帰ったら,いったい何時になるの??
と思ったら,オマルの友達がトヨタのピックアップトラックで街まで送ってくれた!!
シェマルさんありがとう!!
e0242479_14311977.jpg


ホテルなんかに泊まってないで,格別の星を見に今度は泊まりにおいで!
と言ってくれるベドウィンたち。
私はやっぱり都会を旅するよりも行き当たりばったり旅する田舎のほうが好きだなぁ♪
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-29 14:32 | ヨルダン
 
Dead Sea with 桑田T
34日目 ヨルダン・死海

早朝,シリアルがまだ寝ているうちに部屋を出る。
e0242479_2283832.jpg


シャワールームは汚かったけど,親切でフレンドリーだったおじさん。
サーメルさん目指してがんばって!
e0242479_2210697.jpg


マンスールホテルに移動するといきなり朝食出された(笑)
e0242479_22124997.jpg

歩き方を見ながらロビーでくつろぐ。
情報ノートの情報もここぞとばかりにメモ!!
e0242479_2214510.jpg

wi-fiもちゃんとつながってたのでブログを更新してたら…

日本人のお姉さんがやってきた☆
しかも死海に行きたいって!!
ってことで私と同じ宿にいた中国人の男の人が便乗!!
3人でタクシー貸しきっていざDead seaへ!
e0242479_2215296.jpg

わお!砂浜ならぬ,塩浜!??
e0242479_22171584.jpg

そしていよいよ!!!!!
e0242479_22185463.jpg

浮いちゃいました!!

マユお姉さんとも2人で☆
e0242479_22202022.jpg


続いて泥パックにも挑戦!!
e0242479_22221222.jpg

ホントの顔黒に(笑)

こんなに真っ黒♪
e0242479_22235249.jpg


塩でベタベタの手でカメラを持って挑戦!(カメラ壊れないかな…苦笑)
e0242479_2228246.jpg

陽が傾いてきたけど,もっと入ってたい!!!
超楽し~!!!
e0242479_2230085.jpg

こんなイブイブ一生の思い出だね!

というか,仙台の皆さんお待たせ!!!
茶々さんの催促におこたえして桑田Tで死海にin!
e0242479_22351686.jpg

あっちょ,大事なTシャツに泥つけてごめん…(苦笑)
宮城の浮上を祈りつつ入ったよ!!

でもそろそろ肌寒くなってきたので,
サンセットを見ながら死海にさようなら。
e0242479_22312161.jpg


海に入るとお腹がすくけど,
あまりにもモリモリなアラビック料理にびっくりしつつ
e0242479_22371526.jpg

いただきます!!
e0242479_2238279.jpg

しかし,やっぱりアジアン料理が恋しいしぶちかなのでした。。。
まだ中東2日目なのに…(苦笑)

おまけ。
宿でマユさんに手品を披露するルアイ…
e0242479_22393728.jpg

ルアイは日本語が少し話せて,無料でお菓子をたくさんくれる(笑)
『ありがとう』と言うと,『どもども』と返事をする面白い宿のオーナー。
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-25 22:39 | ヨルダン
 
めずらしく時差ぼけ??
33日目 インド・デリー→ヨルダン・アンマン

結局,後部座席で飲んだお酒はキルキーがおごってくれた。

しぶ)『ビジネスでしょ?払うよ!』
って言ったら,
キル)『もうビジネスタイムは終わったよ,フレンドシップだ!』
だってさ。

ぼったくるインド人も実在すれば,こんな風に楽しさを優先するインド人もいる。
何事も一概には言えないよね。
e0242479_18412755.jpg

キルキーのアドバイスのおかげで,フライトに余裕で間に合う時間に到着。

カフェで時間をつぶす。
e0242479_1843241.jpg


今回乗るのはロイヤル・ヨルダンという航空会社。
キャビンアテンダントのお姉さんがキレイだった☆

その美貌にも負けない朝焼け。
e0242479_21485442.jpg

飛行機から見る空は大好きだ。

約6時間半のフライトの末,飛行機の小窓から砂漠が見えたときは一人テンションマックスに。

初めて降り立った中東の国・ヨルダンは空港から当分の間,砂漠以外何もない。
e0242479_2150268.jpg

と思ったら,いきなり都会に!
e0242479_21515281.jpg

インドから来たギャップもあって,ベンツの走る舗装された道が新鮮に感じられる。
マックやケンタはもちろん,H&Mもあるっぽい!!

バスの中ではインドの旅を経て家に帰るというイスラエル人のお兄さんが気さくに話してくれた。
が,うっかりしぶちかバスの降車場所を間違えて行き過ぎちゃった!
でもみんなが助けてくれて無事タクシーでダウンタウンへ☆

しかし,ガイドブックを持っていない私。
しかも,メモしてきたホステルがなんと今閉鎖中(T_T)な上に,
見渡すかぎりのアラビア文字に,頭はパニック!
e0242479_2155055.jpg


近くの店でホステルを聞きまくり,ようやくたどり着いたのが,
結局…かの有名なクリフホテル(苦笑)
昔,サーメルさんという超親切な人が働いていたとかで有名。
でも今はサーメルさんもいないし,値段に対してサービスもいまいちらしい…
ってことで泊まる気はなかったんだけど,もう宿を探す気力もなかったから(苦笑)
一泊することに!

それにしてもインドとの物価の高さに唖然…
この清潔感で高くないすか???
ってことで,たいていシングルルームか友達とツインに泊まるけど,
今日は節約でドミトリーに泊まることに。

汚いシャワールームだけど,なんとかホットシャワーにありついてリフレッシュ。
やたらフレンドリーな宿のおっちゃんオススメの近くの食堂へ。
e0242479_2159847.jpg

初めてのアラビアンフードは…う~ん何ともいえない…ちょっと飽きる感じ…
やっぱり料理はアジアだな!!(笑)

ちょいと街をブラリ。
e0242479_2204416.jpg

都会だー!!!

その足で,宿のおっちゃんに聞いたネットカフェに立ち寄ってネット検索。
この辺の宿を再リサーチしたのだ!
するとマンスール(コーダ)ホテルというのが,今日本人に人気と発覚。
近くだったので,部屋を見せてもらいに行ってみた。

宿の質よりも,歩き方がたくさんおいてあるのに感動!
充実した情報ノートもあるみたい!!
日本人もたくさん来るってことなので他力本願の旅に希望も持てるかも!!?
死海に行きたいけど,一人で行くのは寂しいな…と思っていたし,
期待を胸に…翌日の宿泊を予約!!

今日ももっと観光をしたかったけど,
①ガイドブックがない
②時差ぼけなのかいつもの元気がない
ってことで,今日はダウンタウンを歩いただけ。

夕飯を食べて…
e0242479_223346.jpg

こちらも飽きる味…(苦笑)
ラオスのおかゆ食べたい!!!

そのまま8時にベッドイン…
たぶんブッタガヤからの移動の疲れが出たのかな?
インドからの時差はわずか3時間半だけど,時差ぼけかな?
とりあえず,ヨルダンの寒さに震えつつ,ジャケット着こんで爆睡(苦笑)

そしたら夜中に同じドミにフランスからの女の子がやってきた♪

寝ぼけまなこで会話する。
名前はシリアルさん☆
寝ぼけている方がいいのか,なぜかいつもよりスラスラ英語が出てくる(笑)
ベッドに横になったまま,結構いろいろお話した気が…夢でなければ…

シリアルとももっと仲良くなりたかったけど,私は明日の朝早く宿を変える。
[PR]
by waround-the-world | 2011-12-25 22:03 | ヨルダン


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
おすすめ旅ブログ
世界一周ブログ
☆ランキング参加中☆


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

↑よくわからないけど,登録してみたので!!
一日一回ポチっとな☆
ってよくあるやつ,よろしくお願いしますね(^^)



旅友ブログ

バンコクのカオサンでまぁぼぅに紹介してもらった破天荒な美人キックボクサー!正木純子選手のブログ
『バックパッカー格闘家正木純子の次はどこ行く?』

バンコクで沈没しかけていたしぶちかをチェンマイへと導いてくれた救世主!?ユイ姉さんのブログ
『そらゆけ道産子 世界一周』

エジプトのダハブで出会った,旅人の大先輩!年末年始のパーティーから何からお世話になったみんなのとりまとめ役:ターミーさんのブログ
『タビトバ』

同じくエジプトのダハブで出会った旅人の大先輩!アラフォーとは思えない若さの料理長!カズさんのブログ
『世界ウォーカー カズの世界一周旅行記』
『世界ウォーカー カズの世界一周旅行記(アメブロ編)』

同じくエジプトのダハブで出会った旅人の大先輩!桑田のファンクラブに入っているというホリケン似のヨシさんのブログ
『世界のどこかで何か叫ぶ…かもしれない。』

同じくエジプトのダハブで絶品のから揚げを作ってくれた料理担当!油を使った料理が大得意の通称:油谷さんのブログ
『亀散歩-ケイタの世界放浪紀』

ボリビアのラパス&ウユニを一緒に周ったスペイン語を操る永遠の少年!タカさんのブログ
『人生色々。オレモイロイロ。』

ブエノスの宿での旦那さんの女装が初めての出会い!?パタゴニアを一緒に旅した村岡夫妻のブログ
『夫婦で世界一周!ワールドホッパー!』
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク